えみこのケース

【不倫実体験マンガ】夫に白状させるために台本を作る【サレ妻日記】

浮気を知らないフリが耐えられなくて、結局暴露しちゃったの?
えみこ
えみこ
いや…爆発しかけたけど、兄に相談することでちょっと冷静になれたよ。

浮気の事実に悩まされながらも、表向きは明るく夫に優しく接していたえみこ。
しかし、その仮面生活も長くは続かず…。
限界を迎えたのですが、後先考えずに爆発する前に兄に相談することで最悪の事態は免れました。

不倫夫を問い詰める!えみこが取った方法とは?

夫に知らないふりをしていることが精神的に限界を迎え、兄に暴露してもいいか相談をすると、このまま待っていても証拠が出てくるとは限らないので今ある証拠だけで話を聞いていてもいいのではないかと言われる妻のイラスト 兄に背中を押してもらい、少し前きになった妻。今ある証拠だけでいかに戦えるか、作戦を練る妻のイラスト 2日間かけて夫を白状させるための台本を作成。夫が本当のことを話してくれるように責めないような雰囲気づくりをして話をすることにした妻のイラスト そして、夫が仕事休みの前の日に、事情を知る実家に子供達を預け、帰ってきた夫に話がしたいという妻のイラスト

綿密に計画を立て、台本まで作成していた…。

台本まで作成した。と言うと、不倫に傷ついてないんじゃないの?と思われるかもしれません。
そんなことはありません!傷ついてボロボロでした。

でも、真実を知りたい。
そして、最悪の事態を迎えるのならば、後悔の無いよう万全な状態で戦いたい。そう思っていました。

私自身、弁がたつ方では無いし、頭の回転も速く無いです。
兄が割と頭の回転が速いので、兄に相談して話の流れの持っていきかたなどを台本にしてイメトレをしていました。

相手の良心に訴える方法を考えたり…
嘘をつくようならコテンパンにしてやる!など、色々妄想して当日を迎えました。

子供達は話し合いに同席させたく無いので、実家に預けることに。
預けるにあたって、実家の両親にはこの疑惑について報告をしました。
このエピソードについては、また後日。

そうして迎えた、夫との戦いの日。
一体どんな戦法でえみこは攻めるのでしょうか?
そして、シタ夫の反応は?

最後までお読みいただきありがとうございました。

このHPは、不倫撲滅!サレさん支援をモットーに運営しています。
応援していただける方は、プロフィール下のSNSボタンからフォロー&いいね!をお願いします。
ランキングにも参加していますので、ポチッとしていただけると更新の励みになります!!

えみこのTwitter

えみこのInstagram


不倫・婚外恋愛ランキング
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ

マンガ無料立ち読み