えみこのケース

【不倫実体験マンガ】子供を諦める?悩む私に看護師がある話を…【サレ妻日記】

お腹の子を諦めると夫婦で決めたんだよね?
えみこ
えみこ
うん。でも夫は土壇場でまた話をひっくり返しちゃった…

夫と時間をかけて話し合い、お腹の子は諦めることにしたえみこ。

悲しい決断ですが、堕すこととなれば手術が必要です。
クリニックに堕胎手術の説明を受けに行ったのですが、急に夫が意見を変えてしまいました。

夫の思惑は…そして、看護師からある話を聞くことになります。

時間はない!なのに夫は決断を先延ばしにしてしまう…

ここにきて夫が暴走し、担当医にまだ堕すことに納得していないと言い出した。とっさのことにえみこも「は?」と驚くが、担当医も夫が同意を示さないのであれば、もう一度2人で話し合い納得して決めたほうが良いと促すイラスト ただ、早急に決めてもらわないとうちのクリニックでは手術が行えなくなります。その時は手術可能な病院へと紹介することになると説明する担当医。わかりました!と喜ぶ夫に「何勝手なことしてるの?!これ以上何を話し合うのよ!」と苛立ちを隠せないえみこのイラスト また一から話し合わないといけないことにガックリきていると、診察室を出たところである看護師に声をかけられるえみこ。別室で看護師から「ご主人といろいろあったんですね…」と話を聞かれるえみこのイラスト えみこを心配してくれた看護師さんが、「実は、私も何年も前に子供をある理由で堕したことがあってね…」と自分の身の上話をしてくれました。「当時はたくさん悩んで出した最善の策だと思っていたけど、その後もずっと心残りで…無理をしてでも産んであげたかったなって今でも思ってしまうのよね。。」と涙ながらに話す看護師のイラスト

ある看護師からの告白が、心に重く響く。

またしても、夫に振り回されてしまうことに…。

医師と手術の説明や手術前の検査、手術日を決める話をしている最中に夫がいきなり

やっぱりやめます。

と言い出しました。

担当医は、夫婦で話し合って決めてきていると思っているので目を丸くしていました…

父親である夫が納得していないのであれば、医師としても手術を強行するわけにはいきません。
なので、もう一度話し合うことを勧められました。

手術ができる時期は、母体保護法によって妊娠22週未満(妊娠21週と6日まで)と定められています。

引用元:人工妊娠中絶に関する基礎知識

ただ、私たちに時間はないので猶予は2日ほどでした。

私がかかっていたクリニックは入院設備がなく、週数の少ない場合のみ堕胎手術を行っているようでした。

なので、私たちが期限内に決断できなければ、別の病院を紹介することになると説明を受けました。

何度も泣いて泣いてやっと決断したのに、また話し合わなければならない。
暗い話し合いを、またしなければいけないことに気持ちが沈みきっていました。

夫はいつか私が根負けすると思っていたのかもしれません。

診察室を出たところで、ある看護師さんに呼び止められ私だけ別室に案内されました。
そこで、看護師さんの体験を聞くことになります。

過去に堕胎をしたことがった。
当時はそれが最善だと思っていた。
しかし、今でも後悔している。
無理をしてでも産んであげれば良かったと思うことがある。

そう話してくれました。

実際に堕胎経験者の話を聞くことは無かったので、とても重みのある言葉でした。

看護師さんの話を聞いていて、

私もできれば産んであげたい。
けど、無理なんです…
産むことで、この子にもっと辛い思いをさせてしまうかもしれない。
自信がないのに、迷いのあるまま産んで良いわけないよね…

とネガティブなことばかり思っていました。

でも、看護師さんの話はその後もずっと心に残っていました。
そして、私の考えも少しずつ違う方向へ…

最後までお読みいただきありがとうございました。

このHPは、不倫撲滅!サレさん支援をモットーに運営しています。
応援していただける方は、プロフィール下のSNSボタンからフォロー&いいね!をお願いします。
ランキングにも参加していますので、ポチッとしていただけると更新の励みになります!!

番外編はインスタグラムで先行公開!!

楽天ROOMでオススメの商品も紹介しています♪

Twitterで日々の呟きと更新通知をリアルタイムで!!

画像クリックできます


不倫・婚外恋愛ランキング
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ

私のしあわせスピリチュアルサロン【Comet】