えみこのケース

【不倫実体験マンガ】話し合いを避け続ける夫【サレ妻日記】

夫は義両親の前で、反省してる可哀想な自分を演じてたんだよね?
えみこ
えみこ
そうなの。義両親が帰ったら、また話し合わないといけないと思っていたんだけど…

義両親の前ではションボリして可哀想な自分を前面にだしていた夫。
自分に都合の悪い事実は言わなかったりと、卑怯な夫に内心イライラするえみこ。

義両親が帰ったら、話し合いをまたするだろうと思っていたえみこですが、
夫のまさかの行動に怒りが爆発してしまいます。

不倫を無かったかのようにふるまう夫

結局、義両親との話はうやむやのまま終わり、夫は必死に家事育児を手伝い妻を避けている。そんな日が3日続き、結局謝罪もないわけ!?もしかしてあれで話は解決したと思ってるの?とイライラして我慢の限界を迎えた妻のイラスト 精神的に不安定でイライラしていた妻は夫を無理やり起こして、一体何を考えているの!?と怒り、「毎晩毎晩、目を閉じるとあの時のことを思い出して眠れないの!睡眠薬まで飲んでるのに、あなたは話し合うこともしないで!不倫のことはあれで終わったと思っているの!?」と感情を爆発させる妻のイラスト」 睡眠薬まで飲んでいたとは知らず、驚く夫。しかし、夫も気付くようなところに睡眠薬の箱が置いてあった。「そこまで追い詰めていたなんて…」とようやくコトの重大さに気がついた夫のイラスト 今なら、本当のことを話してくれるかもしれないと思い、夫に「じゃぁ嘘をつかないで、ちゃんと話して欲しい。何があったのか、どう思っていたのか、全部話して。もう十分傷ついたしあなたにも失望した。もう何を言われても大丈夫だから隠さないで教えて欲しい。」そう伝えると夫も「分かった。実は…」と話し始めるイラスト

話し合いから逃げ続ける夫に、怒り爆発!!

夫は、義両親が帰宅するやいなや、家事育児をし始めました。
仕事を見つけては、あっちこっち動き回り…
私との話し合いから逃げているようでした。

私も、イライラと失望といろいろな感情で疲れ切っていたので、その日はもう話し合いはしませんでした。
しかし、その後も話し合いを避ける様子は変わらず…。

毎日、家事育児をめいっぱい頑張って、私と2人きりになる前に寝てしまうので、
話し合いの時間を持つこともできませんでした。

そんな夫の姿には、私と真摯に向き合う姿勢はみじんも感じられず…
またしても、イライラ…。

不倫発覚から続いていた不眠もあり、私のストレスはすぐに溢れてしまいました。
夫がスヤスヤといびきを書いて寝ている姿を見て、
なんで私は不倫に傷ついて、自尊心も奪われて、不眠でお薬を飲むような状態なのに
夫は見て見ぬ振りするの?
」と苛立ってきました。

我慢できず、寝ている夫を起こして、感情をすべて吐き出しました。
夫が何も無かったかのように振る舞っているあいだ、不眠に苦しんでいることに気がついて欲しくて、
睡眠薬を気付くようなところに置いていたこともありました。

しかし、夫は全く気がついていなかったようです。
ショックを通り越して呆れちゃいましたが、
このことで、夫には直接訴えないと伝わらない。ということが分かりました。
そして、正直に思っていることを夫に伝えました。

私は、今後2度と不倫で傷つきたくない。まだ決断はできないけど、離婚しないならなぜ不倫をしたのか原因を知りたいし、解決策も考えたい。
だから、あなたが思っていること、隠れてしてきたことを教えて欲しい。また後から嘘がバレて、失望するのは嫌なの。
」と伝えました。

ここにきて、夫はようやく事態の深刻さに気付いたようです。
そして、やっと自分の口で本音を語り始めます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

このHPは、不倫撲滅!サレさん支援をモットーに運営しています。
応援していただける方は、プロフィール下のSNSボタンからフォロー&いいね!をお願いします。
ランキングにも参加していますので、ポチッとしていただけると更新の励みになります!!



画像クリックできます


不倫・婚外恋愛ランキング
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】